本文へ移動

技術(工法)紹介

防水工事・外壁塗装・外壁改修に使われる、さまざまな工法の一部をご紹介します。
当社では数ある工法の中から対象物や条件、ご予算に応じ、お客様に最適な工法をご提案しております。

防水工事

アスファルト防水

ローラー工法
出典:http://www.tatsukitobou.jp/
スファルト防水とは、合成繊維不織布にアスファルトを含浸させた「ルーフィング」を、加熱溶解したアスファルトで貼り重ねていく防水工法であり、歴史ある工法で実績が多く最も信頼性の高い防水工法。そのため、改修が行いにくい浴室・屋上駐車場などに用いられています。
 

シート防水

吹き付け工法
屋上にシートを貼ることにより雨水の浸入を防ぐ防水のことを言います。接着剤で貼付ける密着工法・金具でシートを固定する機械固定工法があり、防水層を残したままで施工できる機械固定工法は防水層を撤去することによるコストの低減・施工時の漏水のリスクの低減・産業廃棄物の低減といった利点があり、多くのお客様に採用していただいています。

塗膜防水

液状の防水材を何重にも塗り重ねることで防水層を形成します。液状で下地の形状にもなじみやすく、継ぎ目のない美しい仕上がりになります。また、漏水時の補修もしやすく、防水層の維持管理がしやすいのも特徴です。
 
 
 
 

外壁改修工事 

アンカーピンニングエポキシ樹脂注入工法

多くの建物にはコンクリートの表面にモルタル塗り付けてあります。太陽光による熱膨張、振動を繰り返すことでコンクリートとモルタルは剥離して、やがて崩落します。そこで、剥離したモルタルに穴をあけエポキシ樹脂を注入し鉄筋の役割を担うアンカーピンでコンクリートとモルタルを接着し直す工法です。公共の建物から幅広く行われる工法です。
 
 
 
 
 

剥落防止 ピンネット工法

外壁仕上げ面に、特殊なネットを張り付けたのちアンカーピンで固定し下地を形成し直す工法で、経年劣化によるコンクリートの剥落を防止します。タイル面にも施工ができるため、タイルの剥落防止にもなります。
古くなったタイル面がきれいな真新しい塗装面へとのギャップには喜ばれるお客様も多いです。

▼お気軽にお問い合わせください

 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 095-807-0667
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
有限会社IMURA 〒851-0251
長崎県長崎市田上4丁目11番28号 TEL.095-807-0667
FAX.095-807-2961
■業務内容 ■防水工事業
      ■塗装工事業
      ■外壁改修工事業
      ■断熱工事業
TOPへ戻る